ブログトップ

晋作の新作

相談が30分5000円なので
今回の経緯や落とし所
こちらの不手際、先方の情報
その他質問事項などを
簡潔にまとめたレポートを作ってから
事務所に行って見た。

そこの事務所は7人くらい先生がいて
オイラがメールを送ったのは
そこのNO3ぽい人…

ボスとNO2は、そこそこ年配ではあるが
写真からも大物感が漂ってて
この人達は、実務はもうしてないんだろうなと
勝手に思い込んでいざ事務所に行って見た。

打ち合わせ時間は夜の8時半

お互い都合が合わなかったのですが
先方から、内容によっては早く対応した方が良いこともあるので
それなら夜にしましょうかと言ってくれて
営業時間外に対応してくれました。

事務所について名前を告げると
担当を呼んできますとの事で
会議室に通され
しばらく待つと
出てきたのはそこのボス‼︎

ちょっと、前の打ち合わせが長引いてしまって
とりあえず、内容だけ彼に説明していてください。
終わったらすぐ来ますのですみません
と言って他の打ち合わせ室に戻り

おいらが担当してもらいたいと思ってた
NO3が、そこから話を聞いてくれました。

なんだかんだ話が盛り上がって
気が付けば1時間が過ぎてて
そこで、再度ボスが登場して
NO3から、報告を受け

一言、オイラに向かって
「大丈夫ですよ。」
と力強く言って下さいました。

それまで一時間打ち合わせして
盛り上がってたNO3は
ずっと親身に話を聞いててくれてて
すんごく良い人だなと思い
この人に任せようと思ったんですけど
その後ボスが参加して、今後の方針について
話が進むにつれて
圧倒的な説得力と安心感があり
NO3がなんだか子供の様に見えてしまいました。

結果、打ち合わせが終わったのは2時間後で
2万円かぁ〜って思ってたら
5000円で良いですよとの事で

なんて良心的なのだろうと思いました。

そんな訳で、弁護士さんに色々教わったのですが
まぁ、ここまでこじれたら
プロに任せた方が話が早そうだなと思ったのと
今後、この様なことが起こらない様な
改善策も色々教えてくださり
とても勉強になりました。

まぁ、何も解決してないんですけどね
なんだか少し安心しました。






[PR]
# by souldoutsouldout | 2017-03-29 01:18 | Trackback | Comments(0)

いくつかの問題

さて、弁護士に相談するとして
誰に相談すべきか?

誰かに紹介してもらうか
ネットで探すかの二択。

悩んだ結果、自力で探す事にしました。

理由は簡単
・紹介してもらうと断れなくなる。
・今後も出来ればお付き合いしたいので、紹介だと紹介者に配慮しなくちゃいけなくなるのでメンドくさい。
・過去に士業の人何人か紹介してもらったけど、あまり良い人に出会ってない

てな訳で、自力で探す事にしました。
ネットで調べてみると、イマイチコレって決め手になる様なものも見つからず
結局は見た目と規模と経験値
で、選んで見ました。

まぁ、相談は30分5000円との事だったので
何軒かの弁護士に相談して
1番良さげな人に頼もうと思い

とりあえず、一軒めは勘で選んで見ました。

選んだポイントは3点
・建築関連の事件が得意
・年寄りすぎず、若過ぎない先生
・女性スタッフのいる事務所

てのが、判断材料

ネットで調べると得意分野が書いてるので
当然債権回収と建築が得意なのは必須ですよね

次に、年齢は若過ぎるのはまぁ論外ですが
今後も付き合いたかったので
近い年齢の人が良いなと思ったのと
おいらの周りの年寄りたちは
偉そうな割に仕事しないので
ハズレが多そうと思ったから

んで、最後に女性の先生がいる事務所が良いと思ったのは。
バランスの問題で、女性が居ないと扱えない案件もあるでしょうし
女性スタッフは比較的、悪徳事務所に居なさそうなので
女性の弁護士のいる事務所は
真面目に仕事してそうって言う判断

建築業界でも男性社員しかいない会社って
なんだかだらしない会社多いですしね

弁護士の事務所の写真って
結構社員の集合写真
みたいなのが出てるので
スタッフがなんだか真面目そうな所で
比較的大きめな事務所に行って見ました。



[PR]
# by souldoutsouldout | 2017-03-29 01:00 | Trackback | Comments(0)

昨日、例の件で弁護士さんに相談に行くことにしました。

そんなに切羽詰まって無いのですけどね。

本音を言うと
相手がなんだか揉め慣れてるようなので
あまり関わりたく無いなぁ〜
と思うのですが…

相手が揉め慣れてるから、関わりたく無いと言う思いは
逆に言うと、揉め慣れてないから舐められてるとも言えるのでは無いだろうか?
とも思えるのですよね。

経営者として、揉めるたびに泣き寝入りなんてしてられませんしね。

一度、訴訟をしてみるのも1つの経験かと思い
弁護士さんに相談することにしました。







[PR]
# by souldoutsouldout | 2017-03-29 00:51 | Trackback | Comments(2)

自分にしかできないこと

仕事ができるなぁって思う人は結構いるけど

仕事がすんごくできるなぁって思う人はあまりいない

その差は、出来るなって思う人は、言われたことを卒なくこなす人で
すんごくできる人は、そもそも指示しなくても仕事できちゃってる人である
そして多くの人は、言われたことすら出来ないし
それ以前に、仕事をするかしないかで悩んでる人もいるのだから
言われたことをしてるだけでも十分優秀なんだと思う

でも、出来る人と、すごく出来る人の違いはなんだろうって思うと
建築業界に限って言うと
大前提として仕事が好きかどうかの差じゃないかなと思う

オイラは、そもそも仕事が好きというか
建築が楽しいので、熱貫流率の計算してるだけでも
結構盛り上がってくる
ってことは、起きてる間中ずっと建築の勉強してるようなものである

でも、出来る人ってのは、基本的に業務時間内はしっかり勉強するし
手当がもらえるなら資格試験の勉強もするけど
人生において100%を建築にかけてるわけでもない

まぁ、オイラだって100%ではないが
体感でいうと85%くらいはいっちゃってると思う

でも出来る人は1日起きてる時間が16時間として
会社にいるのが8時間とするなら、50%くらいを仕事に費やしてるのだろうと思う
そして普通の人は会社にいるのが8時間としても、本気で頭使って仕事してるのは2時間くらいで
休みの日もしっかり休むので多分20%くらいしか仕事のウエイトはないのだろうという気がする

20%しか仕事してない人に50%の仕事を求めるのは
そもそも無理があるのだろうと思う

おいらの周りで80%を超えてる人のほとんどは
全国区で仕事をしてる人たちである
彼らはオイラどころではなく
一体いつ寝てんだっていうくらい勉強してるし仕事してる
その上、質の高い仕事や情報に囲まれてるので
なかなか追いつくこともない

まぁ、何が言いたいかというと
仕事するなら80%以上を目指せって話ではない
20%でもいいと思うのです
大事なのは、経営者はそこを見極めて
20%の人を罰するのではなく、50%の人を大事にした方が良いってのと

多分誰でも、80%頑張ればその努力は必ず報われるのだと思う
そもそも、オイラはさほど賢くはない
学校の成績も悪かったし
不器用だし要領も悪いし
なのに、なんでか知らないけど
たまにすごい人扱いを受けるのは
ただ、建築が好きで、ずっとそういう結果勉強になることをしてるからだと思う

なので、もうちょっと程度のいい人であれば
おいらと同じくらい時間を費やしてたら、もっと大成功を収めるのだろうなと思っちゃいます。






[PR]
# by souldoutsouldout | 2017-03-26 19:26 | 日常のネタ | Trackback | Comments(0)

計算をしてみる

熱貫流率ってのを計算してみた。

すると、今の会社の外壁の熱貫流率は0.28w/m2/・k

ってな数値になるのです。

一昔前なら0.55とかだったんで、まぁ普通に数値で見ると良くなってるなぁって思ったんですけどね
今度建てる、モデルハウスは実験的に室内の外壁側にスタイロフォームを敷き詰めて
その前にスタッドを立てて壁をつくろうと思ってたのです
普通の場合の壁厚が145ミリなのに対して
そのモデルハウスは250ミリくらいになるので
中々の断熱性能になるだろうと思って計算してみたら
0.21くらいしか変わらないのですよね
その差は0.07程度の差なのに、なかなかお金だけはかかる

なので、スタイロをやめてグラスウールにして幅を広くしようと思って
計算し直すと0.18くらいになったので
0.1の差になったので
まぁこれならやる価値はあるかなと思ったりもした

ちなみに熱伝導率っていうのがあって
これは熱の伝導のしやすさを数値化したモノなのですが
これで見ると杉が0.12なのに対して
ナラが0.19なので
数値的には0.07の差なんですけど
杉とナラでこれだけの数値なら、まぁ貫流率で0.1の差はなかなか頑張ってると思う

まぁなんにせよ、比較検討の基準になる数値があるってのは
わかりやすくて良いなぁって思う

とは言え、イメージ的には、グラスウールより、スタイロの方が厚さが薄くても
断熱性が増す気がしてならないけどね
数値的にはそうなのかもしれないけど
現実的に現場の仕上がりとかに左右される方が大きいと思うんですけどね...
まぁいろいろやってみようと思う

でもね、前にセミナーで計算の仕方を教えてもらって以来
実際に計算したことって無くって
いざ計算してみると、計算したから見えてくる世界ってのもあるのだなって思うのですよね

杉とナラの数値の差があの程度しかないって思ってなかったですしね
それで考えると、エネルギーパスのような
家の性能の見える化ってのは、すごく大切なことだと思うし
そんなことすらできない建築会社は潰れても仕方ないとも思う

エネルギーパスを行政で取り入れるとなると
きっと大手ハウスメーカーの圧力がかかって
変な感じなモノになりかねない気もするけど…









[PR]
# by souldoutsouldout | 2017-03-26 19:06 | 建築ネタ | Trackback | Comments(0)

靴下の穴

いつも見学会に来てくれるお客さんが
高い確率で、靴下の親指の所に穴が空いているのです
しかも左右ともに…

見学会では、スリッパを履くと家に傷が付きかねないので
基本的には、裸足というか靴下で入ってもらうのですけどね
穴の空いてるお客さんがいると
お互い何だか気まずくなる
気がつかないフリをするオイラと
隠そうとするお客さん…

んまぁ、んなことはどうだっていいんですけどね
ふと思ったんですよね

おいらの靴下って、穴空いてないなぁって

結構以前は穴あき靴下結構履いてたんですよね
でも、最近はあまり穴あき靴下を履いてない
それは、お金持ちになって靴下をいくらでも買えるようになったから
ってなわけでもなく
穴があくほど、激しく動いてないからではないだろうか?って思うのです

昔は職人として現場で作業してた頃って
そりゃまぁ一日中現場で走り回ってましたし
力作業の時とかは踏ん張ったりもするしね

そういえば、いつも穴空いてる靴下履いてくる人も
現場作業のような仕事をしてるんですよね

そう思うと、穴あき靴下って頑張ってる証と言えるのではないだろうかと思う
普通に生活してるくらいでは
そうそう穴あかない気もするしね

まぁ、そんなわけでモノは見方で印象変わりますよね










[PR]
# by souldoutsouldout | 2017-03-26 18:40 | 日常のネタ | Trackback | Comments(0)

法的手段

最終的には法的手段になるのだろう

なので、一応関係のありそうな
記事は非公開にしました。

まぁ、裁判で勝つにしても
結果的に人が不幸になる事に
関わりたくないですね

まして、それを主導するのは
気分の良いものではない。

とは言え不正は許せない

なんで、こんな事になるのでしょう?
人の迷惑に鈍い人がやはりいる
悪意の問題でなく
本質的に少しズレてるのだと
王子を見てて思った

そう言う人は正すのではなく
関わらないのである
必ず予兆が出る
そこを見逃したオイラのミスです

兄が関わると判断が鈍る

このまま何もなく解決してくれることを
祈るばかりである。
[PR]
# by souldoutsouldout | 2017-03-23 01:47 | Trackback | Comments(0)

先日大塚くんに
晋作さんそろそろ自分で作業するのやめたらどうですか?
と言われました。

まぁオイラは楽しいけど
実際効率悪いし、仕上がりも綺麗とは言えない
そもそも自分ですると安くなるので
サービスのつもりでしてたけど
安さがサービスってどうなん?
ってのもある。

もっと驚くほど安くなるなら別ですがね
仕上がりの差とのバランスを考えても
それがベストではないと思う

補助的に手伝うなら良いけど
本格的に作業すべきではないのでは無いだろうか?

大塚くんに言われた時は
何言ってんだ?って思ってたけど
よくよく考えてみれば
やらなきゃいけない事は沢山あるし

自分で施工するのをやめると言う事は
軽トラも倉庫も道具も要らなくなるので
なかなか身軽になる上に
施工を捨てると言う決断をする事で
他の何かに注力もできるようになる。

自社施工や多能工育成は、
オイラが現場に入る入らないは関係無いし

現場作業をしないと言う選択肢は
ある意味とても理にかなってるような気がしてきた

となると、今回の晋作邸で
現場卒業って事になるかもしれない






[PR]
# by souldoutsouldout | 2017-03-22 11:45 | Trackback | Comments(0)

マジか

地区計画の申請を出したら
書類に不備が多すぎて突き返された
オイラには作れないので
スタッフに頼んでるので
そもそも何が不備かすらよく分からなかった
それでもなんとか作り直して出し直すと
再度、不備を指摘された
が、役所の人が哀れに思ったのか
その場で修正させてくれてなんとか申請ができた

が、鳥取に帰るとまた、役所から連絡があって
不備があるとのことだった
電話で説明されても分からないだろうから
作ったスタッフに聞いて見てくれと
頼んだところ、自分だってよく分からん
との事だったので、仕方なしに連絡したら
腰が抜けるような不備だった…

施主の住所の間違いと
面積の計算間違いがあったらしい

住所は施主に聞いたら、施主が間違ってて
計算間違いは、スタッフに探してもらって
なんとか見つけることができた

そして役所の人が電話で良いから
どう直すか言えと言うので
直す箇所を伝えると
役所で見つけた所ではない箇所の計算ミスで
恥の上塗りをしてしまった

きっとバカだと思われてるんだろうなと思いつつ
再度出し直す事になった…

そもそも、その書類を作ってくれたスタッフを
責めることはできなくて
本来いつも設計事務所に頼んでる作業を
こちらでしてて、初めての作業なので
そりゃミスも起こるし
そもそも、んじゃお前がしろって言われても
彼女以上に出来ないだろうし

仕方ないとは思いながらも
心が折れる_| ̄|○

40過ぎて大人に怒られるなんて
なかなか経験できるものではないが
まぁでも怒られるうちが花である…と思う

お陰でもう一回地区計画出せと言われれば
自分でも出来るようになったし
図面がかけて、見積もりができて
大工ができて、左官もできて
営業もできて、セミナーもできれば
資金計画も作れて、銀行の手続きや
土地も扱える人なんてあんまりいない
オイラは偉いんだ‼︎
と、慰めつつ

明日は市役所に叱られに行きます。

そんな訳で、明日から心を入れ替えて頑張ります
[PR]
# by souldoutsouldout | 2017-03-21 01:04 | Trackback | Comments(2)

うちの逸材が辞めるのをなんとか引き止めたものの
そのギャラ交渉が社長は気に入らなかったらしく
オイラに色々愚痴をこぼしてました。

他の社員とのバランスが…とか
彼女のキャリアでは妥当だと思うとか
会社が儲かってないのにとか
...( = =) トオイメ

バカなのだろうかと思う。
他の社員とのバランスが悪いのは
会社に適正なルールがないからで
それは経営者の責任だし
もっと仕事できない上司や
働いてない役員もいる中で
なんのバランスを取る必要があるのだろう

彼女のキャリアを考えて妥当?
40近くて、20年近く経験があって
実務の出来る人が、総支給が10万円台が妥当?
働かない役員が倍以上貰ってそうですが…
妥当というより、立場の弱い女性社員の足元見てるだけじゃんって思うが…

そして、儲かってないのこそ、経営者の責任でしょうが‼︎
って思う...( = =) トオイメ

現場も知らない、経営者に何がわかるんだと、言いたいが今まで何度言っても変わらないのでもう飽きた。

とは言え、反面気持ちもわかる部分もある
そもそも無い袖は振れない
ってのは、責任がどこにあるってのは置いといて、心情的には分からなくも無い。

だけど、今回の件は社長が間違ってると、おいらは思ってる。

そんな社長から、飲みに行こうと誘われました。
話があるのはその辺の話だと思う。

今回、東京や大阪で会ったバリバリ働いてる
まともな経営者の話を聞いた今のオイラに

社員の給料を2万あげただけで、
グズグズ言ってるのに付き合うのは
なかなかの苦痛である...( = =) トオイメ

また、岡山で、
新しいビジネスモデルを成功させて、
多店舗展開を目論んでる人の話を
聞いて、良い刺激になったのだが

そんな油断も隙のない野心家達と
鳥取の彼らが同じ土俵で戦ってると思うと
心配で仕方がない...( = =) トオイメ

けど、我が身は自分で守らなきゃですよね
(*゚∀゚)*。_。)*゚∀゚)*。_。)ウンウン

オイラもウカウカしてらんないし
とにかく今出来ることを
真剣に堅実にやろうと思う
[PR]
# by souldoutsouldout | 2017-03-17 00:06 | Trackback | Comments(0)