ブログトップ

晋作の新作

説教のリアクション

今日久しぶりに広告代理店の子に会いました

ずっと連絡がないままで
仕方なくこちらから連絡をしました
なんだか大人気ないのだろうかと思い

そこで説教をして
改めるのであれば
和解という事で…

んで、話を一通りして
約2時間弱の説教後
和解ということになりました
相手の本音も聞けたし
まぁ良かったかと…

説教して、そのまま疎遠になる人と
より信頼関係が増す人の
2パターンがある気がする。

意外と信頼関係が増す人が多い気がするが
よく考えたら
そもそもオイラは信頼してる人しか
説教しないので
まぁ、そりゃそうか…

とは言え、当てが外れて
それっきりになる人も居なくはない
今にして思えば、疎遠になる人は
プライドが高い印象がある

そして信頼関係が増す人ってのは
ある意味すごいなと思うのですよね
部下や、社員ならまだしも
ある程度対等な立場や、場合によっては
目上の人にもたまに説教というか
苦言を呈することはあるけど
それを採用できる人ってのは
なかなかの度量だなと思います。

まぁそんなわけで、
人に説教する以上は
日々堅実に仕事し続ける責任はあると思うので
謙虚に頑張ります。

[PR]
# by souldoutsouldout | 2018-01-15 21:45 | Trackback | Comments(0)

カメラマンデビュー

カメラの撮影権

今日クライアントと打ち合わせして
今後の現場写真は
オイラが撮るという契約をしました
当然ギャラ有りである。

カメラマンさんの講習を受けて
その指導の元、カメラの腕を磨きます
そして、提携店を増やし
地元工務店協賛の写真集を発売しようと思う。
ついに念願の出版です!



[PR]
# by souldoutsouldout | 2018-01-15 00:07 | Trackback | Comments(0)

セミナー講師

まいどおおきに

今日セミナーがあったのですけど
セミナー用の手元資料がなかったのです。
事務所にあると思い
事務所に行ったらなくて
本社に忘れたかと思い本社に行ってもなくて
時間が間に合わないので
手元資料なしで、セミナー始めました。

結果は一長一短

手元資料がないので、
お客さんとの会話も増えて
ある意味、理解度は深まった気はする反面
伝え忘れや、細かいデータなどは省いたので
説得力はいつも以下な気がする。

でも、結果的には無くて良かったなと思った
資料を読むようなセミナーより
フリースタイルの方が、
気持ちが伝わる気がしたので
今回の反省点は次回に活かせば良いわけだし
そうする事で、さらにブラッシュアップされる

来週は大阪でセミナーのための
セミナーに参加します。
セミナー講師の講習会があるので参加してみる
話しかたって
学問としては勉強した事ないので
ちょっと楽しみ。

[PR]
# by souldoutsouldout | 2018-01-15 00:00 | Trackback | Comments(0)

最初に書いとくが
disってる訳ではない
ある人の言葉から気付きがあってので
検証したくなった
相手の人には、不快な表現も一部あるかもしれないが
悪気はないし
相手の人からのラインも
本気で書いてるのではなく
冗談のつもりで書いただけだと思うが
それを踏まえて
このような意見も1つあると言うのと
オイラの話が正しければ
相手にも気付きになると思うので書いた
この件について、文章で議論するつもりもない



そして、かなり長文な割りに
さほど面白くないと思う
オイラは面白いけど
普通の人はきっとつまんないと思いますので
読むことはお勧めしません

そんな訳である日の気付きです…

先日ある人と話してたら
ゴルフの話になり、その最後に
とは言え俺は死んでもゴルフはしないけどな
と言ってました。

死んでもゴルフしない…

死んでもしたくないものって何だろう?

父がゴルフクラブでどつかれて命を落としたとか
会社の社長が、ゴルフに狂って倒産させたとか
死んでもと言うほど憎むなら
そのくらいのドラマが必要だと思う

が多分そんな物語はない…

俺は死んでも野球はやらない
とか、
俺は死んでもサッカーだけはしない
って人はあまり見かけないけど
ゴルフに関しては
死んでもとは言いすぎだとしても
ゴルフだけは絶対しないって人にはよく会う

同じスポーツなのに
何故かゴルフだけは扱いが違う

その違和感はなんだろう?
ってのがなんか面白くて気になる

何故気になるかと言えば
昔オイラも言ってた気がする

今となっては何故だか忘れたけど
似たようなことを言ってたと思う。

ところで、俺は死んでもゴルフはしない
と言われた時の、第一印象は
へぇ〜そうなんや〜
くらいのものだった
そこまでオイラもゴルフを愛してるわけでもないし
是が非でも彼にゴルフを始めてほしいわけでもない
ただ一方的にしない宣言をされただけである。

最初は普通に聞き流したが
次第になんだか気になってきた

だって話の流れは、
俺最近ゴルフ復活しようと思うねん
と言った後の流れである
愛してはないにしても
好意を持ってると宣言したものを
わざわざ否定してるのって
よく考えると、
よほどの事情がありそうな気がしてきた。

俺最近、テニス始めてん
そうなんや、俺は死んでもしないけどな

俺近頃カメラに凝ってんねん
そうなんや、俺は死んでもしないけどな

どう考えても、話がおかしい

特別仲の悪い相手ではなく
心からゴルフを憎んでるわけでもない
なのに、わざわざしない宣言は意味がある

そしてこれは彼に限らず
近いこと言う人は少なからずいる。

最初、ゴルフ絶対しませんと言われた時
俺は絶対スマホ持ちませんって
言ってるのになんだか近いなと
直感的に感じました。

どこかが似てる気がする

ガラケー派の人がまだまだたくさんいた頃
オイラは新しいもの好きなので
いち早くスマホにしてた気がする…

当時は、何が良いのかわからんけど
使えばわかると思ったし
仕事柄、早く慣れておく必要があると思ってた

その後、スマホとガラケーの圧倒的な次元の違いを体感して
ガラケー派の人にも丁寧に説明してたけど
次第にめんどくさくなった

どんなにガラケーの素晴らしさを訴えても
論点がズレてて会話にならない

そもそも使ってない人に良さを伝える労力は
割りに合わないし、
ガラケーからスマホに変えたほとんどの人は
最初からスマホにしとけばよかった言うので
なんのメリットもなく、答えもわかってるので
情熱が湧かなくなった

まだ、出始めの頃はそこまで自信もなかったので
ガラケー派の人が、頑固にガラケーを使い続けるにも
一理あるのかもしれないと思ってたので、
逆に一生懸命説得して
スマホの良さを伝える事で
自分が正しさを確認したかったのだろうと
今になってみては思う。

スマホの良さは、
スマホを体感してみないとわからない
それと同じことが
意外とゴルフにもある

スマホと同じで、
やらなきゃわからないので説明はしない
それにゴルフに関しては
スマホと違って合う合わないもあるので
その人がやろうとやらなかろうと
そんなのはその人の自由であるし
間違いではない

まぁお互いその辺はどうだっていい

やるやらないはどうでも良いが
ゴルフとスマホの類似点ってのは
何処かにあるような気がする…

とふと考えた

なんとなく浮かぶが
うまく言葉にできないと思ってたら

死んでもゴルフはしないと言ってた人から
ラインが来て
そこにヒントがあった
ゴルフとは体制側のスポーツであるとの事だった

言われてみれば
スマホも体制側のツールな気がする
時代に流されたくない
と言う思いが、ゴルフを始めとする
みんなが流行に乗ってやってしまういろんなものを
拒絶してしまうのだと思う。
きっと彼は、ハロウィンなんてだいっきらいなこだろう


なんだかスッキリした

このブログを、かなり丁寧に書かないと
なんだかdisりブログになりそうなので
少し躊躇いがあり
前もって相手には連絡をした

disるつもりは、サラサラないし
おっしゃるように、ゴルフなんてする必要はない
オイラも別にどうでも良いし
説得するつもりもない

たしかに接待ゴルフなんてのもあるし
サラリーマンの象徴のスポーツのように
漫画やドラマで描かれていることも多い

やらない人がそう思うのもわかる

やった事ないので
コースに立った時の美しさや壮大さも
体験したことないだろうし
ボールを打つ時の心地よい集中力も知らないのだろう
接待の代表のように言われる
所以についても、考えが及ばないことだと思う
普段しかめっ面の気難しい爺さんが
子供のように楽しそうにプレイ出来る
夜の飲み屋に行くよりよほど健全だと思うが
それをサラリーマンの象徴で
体制側の首輪のついた犬だと感じるなら
それは仕方がない
オイラもやるまではそう思ってた部分がある

スマホにしろゴルフにしろ
体制と思えるものを
テレビやドラマの情報から
ステレオタイプ的に信じ切って
シャッターを下ろし
拒絶し続けるのは
ペリーが浦賀に来て
天誅と言って殺しまくるのにもなんだか似てる
開国し文化や科学を受け入れて
自身を強くしてから
相手が本当に悪なら、ぶっ潰せば良いし
意外と悪でないのに気がついた時は
一回り大きくなってることだろうと思う

なんども言うが、disってる訳ではない。

[PR]
# by souldoutsouldout | 2018-01-14 00:37 | Trackback | Comments(0)

カメラスクールに行きました

っても、カメラマンさんの個人授業ですけどね
1時間ほど話を聞いただけだけど
すんごく勉強になった
撮り方云々より
そもそものカメラや写真の概要が
とても面白かったです

昔買った一眼レフが壊れちゃって
直すべきか別のを買うべきか
悩んでて
前のカメラを下取りに出したらどのくらいか
調べてみると高くて900円でした…

もう10年も前だしなぁ〜

いろんなものが変わってて
そのカメラを直して
付属品を揃えるより
新しいのを買った方が安くて
今後のことを考えても
良いと思うとの事だったので

それならそうしようかな
とりあえず、写真の仕事をゲットしてからだな…

[PR]
# by souldoutsouldout | 2018-01-12 13:09 | Trackback | Comments(0)

ゴルフの魅力

すごく不思議なことがある
オイラは基本陽気でよく喋る人なんです
そして多分優しい人だと思う
のにかかわらず
飲みに誘われることがほとんどない

どう見ても愛想の悪い
いかつい顔した、大塚くんばかり誘われて
オイラを誘う人なんて
ここ数年木材フェチの変態以外見たことない

すんごく飲みそうで
すんごく楽しそうじゃないのか?
オイラが思ってるような印象を
世間は思ってないのだろう
と、諦めてました

まぁ、実際仲良くない人に
誘われるとめんどくさいので
いいんですけどね

でも、不思議なのが
ゴルフ復帰したと話をしたら
いろんな人にゴルフは誘われるのですよ

この差はなんなんだろうか?

飲みに行くとつまらなそうだけど
ゴルフ行くには楽しそうなのか?

なんかね、一つ気付きがあって
あまり人に誘われないオイラが
なぜかゴルフだけはすごく誘われるのは
オイラだからではなく
ゴルフだからなんだと思うのです
ゴルフが、社交にとても効果が高いのは
すごく人を誘いやすいからなのだろう
と思うのです


[PR]
# by souldoutsouldout | 2018-01-12 12:59 | Trackback | Comments(0)

久々のゴルフ

久々のゴルフ

まるでやる気はなかったのですが
先日ある職人さんと話してて
新しい職人を探したいのだけど
どうやれば見つかると思う?
と、そこそこ腕の良い職人に聞いたら
ゴルフに行けばいいんじゃない?

との事だった。

まぁオイラの偏見なんですけどね
若くて、本業以外の趣味のある人は
仕事がイマイチって思っちゃうのですよね
ある程度仕事にも慣れて
余裕ができてきた人が
いろんな趣味をするのは良いと思うのですけど
一人前に仕事もできないくせに
趣味なんて10年早いと思ってます。

あくまでも、若手に限りますけどね
若い間って必死のパッチで仕事しないと
そもそもついて行けないと思うのですよね
取引先の営業マンが
他社の監督に誘われて
最近バンド活動をしてるって言ってたけど
まぁ、ミスが多いですしね

仕事が全てではないので
趣味や家庭が大事って人は
当然ありだと思うのですが
家庭はともかく
趣味と仕事を高いレベルで両立できる人は
早々いない

若手の時期って大切な時期ですからね
仕事以外のことに時間を割きすぎてたら
一流にはなれないと思う

オイラなんて、仕事に全力を注いできたのに
全然一流になれないですし…

それはともかく、
若手ではなくて、ゴルフしてる職人
若しくは建築業界の人と
交流を深め、
いろんな職人を紹介してもらうっては
あながち間違いでない気がする

少なくともオイラの周りや職人では
ゴルフがうまくて腕が良い人は結構いる
それに工務店の社長でゴルフ好きは
社交的な人が多いので
職人探しには良い気がする

んなわけで封印してたゴルフを
再開しようと思うのです
つーか、なぜ封印してたかというと
ドライバーが笑かすほど当たらなくなった
のですよ…
昔、レッスルプロが付いてた頃は
すごく飛んでた時期が一瞬あったのに
今は飛ばないどころか
当たらないのですよ‼︎

まぁとりあえず練習しようと思い
久しぶりに6番アイアンを持って
打ちっ放しに行ってみたら
見たことないような球筋で
すんごく飛ぶんですよ

当たる自信すらなかったのに
なんかうまくなってる?

歳をとって、
ガツガツしなくなったからでしょうか?
そういえば昔はドライバーで一本足打法の練習もしてたしな…

[PR]
# by souldoutsouldout | 2018-01-12 12:44 | Trackback | Comments(0)

君の名は の感想

君の名は
とても面白かったです

よく出来てると思う
複雑な構成になってて
いろんな伏線があって
よくまとまってて
泣かずに耐えたけど
とても面白かったです。

そんな訳で、いくつかの疑問が出てくる
なぜ面白いのに大ヒットしたのか?←
これを面白いという人と
面白くないという人の違いはなんなのか?
そもそも何が面白いか?
何が面白くないのか?

まず、大ヒットした要因は
間違いなく、広報のうまさだと思う
ステマがエグいみたいに
色々書いてる人も多くいたけど

ステマだろうが、テルマだろうが
どんな映画でも、
莫大な制作費はかかると思うのです
なので、
制作会社はステマだろうとなんだろうと
必死で広報はするはずである。

それでも異例の大ヒットになったのは
かなりの額の広告費を投入してるのだと思う
どんな広告でも、基本的には
費用と効果は比例するので
この大ヒットには、
かなりの投資があるはずだと思う
そして、投資した人は
確実に勝てると踏んで投資してると思うのです

その勝てると思った何かが
作品なのか?楽曲なのか?その手法なのか?
それはわからないけど

大ヒットしたのは、
普段アニメを見ない人が見たからでしょうし
そういうアニメとの接点のない人達が
この映画を見たのは
なんだか、世間が騒いでるので見てみようと
いうきっかけが大多数だと思うのです。

そして、それに応えるだけの
ポテンシャルが作品にあったので
さらに口コミで広まったのでしょうね…

そして面白いという人と
面白くないという人の差について
まず、面白いという人は
面白かったとしか言わない…

訳はわかんないけど面白いんだからいいじゃん
ってスタンスなのは分析しにくいので
逆に面白くないという人の意見を見てみると

・難しくてついていけなかった
・細かい設定が突っ込みどころ満載で気になった
・よくある構成を組み合わせただけなので、目新しくない

ってのが多い気がする。

まず最初に、アニメ好きな人に多い意見で
よくある設定という話…

これがよくある設定かどうかは
アニメを見ないオイラにはわからないし
今回たくさん見た、普段アニメを見てない人
にも関係ない話なので
アニメの専門家の意見は
この映画が良い作品かどうか?
という議論なら参考になるが
面白いか面白くないかで言うと
大勢に影響はないのだと思う

それに、よくある設定であるなら
なぜ今まであった、そのよくある話が
大ヒット出来なかったのか?
その作品とは何が違うのか?
ってのが気にはなるけど
まぁ関係ないからいいや

次に、難しくてついていけなかった
ってのは、能力の差だったり
好みの差だったりするのだと思う

難しくてついていけないと言ってたのは
オイラの周りの女性でも数人居だので、
導入部分が女性受けしない展開なのかな?
とか、少し思ったけど
多分少数派だろうと思う。

一番面白いなと思ったのは
細部の設定が雑で突っ込みどころが多い
という意見
コレは結構たくさん書かれてました。

これってオイラも別の映画で思ったことがある

でも最近思うのですけどね
映画ってのはそもそも2時間程度しかなくて
その限られた時間の中に
大量のストーリーを盛り込んで
伝えたいことを伝えるモノだと
思うようになってから
意図的に、細かいところは気にしないように
映画は見るように心がけるようになった
そこは、制作側が見る側の脳みそに委ねた部分でもあると思うので
そこを理解するように全力を尽くすのが
映画のマナーであると思ってました。

けど、今回の映画を見て
少し考え方が変わりました。

この映画を見た後に、
ネットで他の人の感想を検索してると
設定が雑って意見が多くて
具体的に、どこそこが気になって
話が入ってこないとか
書かれてるのを見てはじめて
言われてみれば確かにそうだなと
気がついたのですよね

見てる時に確かに少し気になったけど
自分なりに解釈して違和感を消してたのです
要はそれだけ作品に
引き込まれたのだと思うのです。

映画を見るマナーとして
細かいところは気にしないように
努力するってのは
そもそも、映画の世界観に入り込めてない人が
入り込んでるふりしてるだけで
全然間違ってるような気がしました。

コレは相性なのかもしれないけど
入り込める映画は
細部のディテールまで
何となく理解できるのだと思う。

山道を女の子が
おばあちゃんを背負って登るシーンも
物理的にも、肉体的にも無理だ
って見方にならず
そこにそういう必然性があるのだって
思うようになる

そもそも山道を登るリアリテイより
摩訶不思議なことは山ほど起こってるしね

ど根性カエルを見ながら
同じ突っ込みはしないと思うのです


この映画を見る前は、絶対面白くない!
コレを面白いと思う世間をdisってやろうと思い
見始めたのに
結果、その世界に引き込まれたのは
すごいと思う
マイナスのバイアスを
作品の力でひっくり返したってのは
すごいことであるし

この映画をイケルと思って
億を超えるだろう広告費を
つぎ込む決断をした人の話を聞いて見たい。

[PR]
# by souldoutsouldout | 2018-01-10 00:54 | Trackback | Comments(0)

君の名は
を見ました。

きっと見ることはないと思ってました。

基本的に漫画は読むけどアニメは見ないので
作品としてはまるで興味なく
ただ、世間が大騒ぎしてるので
世間はどんなものを作れば
大騒ぎするのだろう?
という興味がありました。

でも、反面世間が大騒ぎするものほど
つまらないものが多いとも
思ってるのですよね。

特に映画とか小説の様な作品って
すごく出来のいいものって
ある程度読み解くスキルってのが
必要だと思うのです。

読み解くスキルは、人それぞれで
不特定多数の人が共感できるものとなると
そのスキルの低い人に合わせて
作品を作らなきゃいけないだろうから
映画みたいな限られた時間の中で
みんなが解るように解説してたら
肝心な部分の描写が削られちゃうでしょうから

万人が面白いと思うものは
きっとつまらないものだと思うのです
万人が共感するのは
大切な人の死とか
可愛い犬や猫や子供とか
そんなものを軸に作るしかないだろうから
面白いわけがないと思うのですよね

オイラの読み解くスキルが
高いとは言いませんけど
少なくとも、全米が泣いたものでは
泣いたことがないです。

それと、恋愛ドラマだと思ってた
ってのもあるので見る気にならなかった

恋愛ドラマで、アニメで、万人ウケするもの
ってだけで二時間耐えれる気がしませんでした

んで、先日テレビでやってたので
とりあえず録画しましたが
なかなか見る気になれず
見た人の感想も
何が面白いのかわからなかったけど
まぁ面白いのは面白いって
言ってたので
まぁやはりつまらないのだろうなと
思って録画を消そうと思ったのですが

有吉のツイッターで君の名は
の面白写真を見て
この面白さがわからないのは
少し困ると思い、
b0035869_00534864.jpeg

ちょっとだけ見てみようと思い
見て見ました…

感想は後ほど

[PR]
# by souldoutsouldout | 2018-01-10 00:35 | Trackback | Comments(0)

失敗するのが罪ではなく

失敗するのが罪ではなく
低い目標を持つのが罪だ

って、テレビで言ってた
いいことを言うと思った

あのオリンピックの体操の選手で
床がすごく得意な子…

名前忘れたけど

彼は父親のコーチのもと
体操をして来たのだそうで
子供の時から床がすごく得意だったので
とにかくそこだけでも
日本一にしようと育てたんだとか

でもそれは、床だけでも日本一になれば良いって
思いではなくて、
床で日本一になったら
結果的に他の分野の成果も上がると
確信を持って育ててたらしい

その彼が床で金メダルを取った次のオリンピックでは
床に続いて跳馬でも金メダルを取ったのだとか

これってすんごくわかる
本当にそうだと思う

何かで一流になれば
一流になるためのノウハウがわかる
何をどうすれば出来るようになるか
どの程度の努力をすれば
日本一になれるのか?
ってのがわかるようになる
すると結果、他のものも成果が上がる

出来る人はいろいろ出来る
それはその人がすごいって事もあるかもしれないけど
それ以上にその方法を知ってることが大きい

中途半端にしか出来ない人は
結果何やっても中途半端なままである

オイラは、松陰先生が日本一になったのを見たし
その親父のカリスマ社長が日本一になったのも見た
一緒に仕事して体感した
何をどうすれば日本一になれるのか?
どこまで努力すればいいのかを
知ってるので

他の人より日本一になる確率は高いのだと思う

なるなら日本一がいい
なんなら世界一でもいい

日本一を目指せば
そこになるために足りないものがわかる
でも、低い目標を掲げたら
きっと何も考えることなく
時間が過ぎるのだと思う

[PR]
# by souldoutsouldout | 2018-01-09 03:02 | Trackback | Comments(0)