人気ブログランキング |

ブログトップ

晋作の新作

新規事業の開拓

新規事業の開拓

さて、新しい仕事を探さなきゃいけない
今回は松陰先生と離れたので
FCとも距離を取ることになる

その内、離れなきゃなと思いつつも
お金に目が眩んで、離れきれなかったが
ある意味、これが良い機会だと思う。

では何をするか?
となると、選択肢としては
住宅屋として、新築やリフォーム
コンサルとして、工務店支援
あとはセミナー講師や物販的な事は出来る
猶予はあと3ヶ月で、
次の軸を探さなきゃならない…

とは言えメインは鳥取の会社なので
ここに迷惑はかけられないので
工事に関わる事をすると
手を取られすぎるので、工事はすべきでない
では新規顧客探し?
っても今のままでは、現実味がない
も少し実績がないとコンサルも難しい
となると、
セミナーや物販ってのも黄色信号が灯る…

色々考えた結果
本軸はそのままで、三本の矢計画を
進めることにした。

まず1本目は、クラウドファンディングを使った
ヒアリングブックの製作
達成できればヒアリングブックの販売ができて
新規顧客が増える上
資金的にも、少し余裕ができる
ので、まずこれが一つ。

2本目は広告代理店として、
広告や販促品の製作をする。
まぁ、これは今までしてたけど
ここのスキルを高めたいので
大阪や、東京などのデザイナーと提携して
鳥取の会社のブランディングをする

ってのが二つ目
んで最後悩みどころなのですが
保険そのものを扱う仕事をするか
若しくは、居酒屋でバイトする。

いや、いっそ4本の矢にするか?

まずは保険、家を売ると火災保険が付いてくる
その保険そのものを扱いたい
火災保険と生命保険のすべての保険を
扱えるようになりたい
そうなることで、
まずはお金のセミナーに説得力が増す
そして、鳥取の会社に負担をかけない
少しだが、売り上げにもつながる
そもそも、保険全般勉強もしたいってのがある

んで、四本目の矢は居酒屋でバイト!

そんなに苦しいのか?

って思われるかもしれないが
そこまでは苦しくない

まぁ居酒屋は言い過ぎだが
まるで異業種の仕事をしたい
でも昼間は働いてるので夜の仕事

例えば、温泉旅館でもいい

狙いはいくつかある
まず、あまり関係ないけど、
料理するのがとても好きってのは実は大きい

メインはこちら
バイト代を稼ぐわけではなく
旅館でバイト出来れば
旅館の営繕工事やリフォーム工事を
貰えるかもしれない。
また、チラシやブランディングの
仕事も取れるし
なんなら、コンサルから保険まで
異業種の畑に入れば
オイラは外来種のブラックバス並みに
その業界を侵食出来る気がする

当然、出来なくても、
料理やコンサルの勉強にはなる
特にホテル関連の仕事に関わりたい

つーのが、4本の矢計画である
楽しそうでしょ?(^ ^)

ピンチはチャンスでしかない
あとは動くか、アホみたいに悩み続けるかの
差である!

# by souldoutsouldout | 2019-07-18 00:26 | Trackback | Comments(0)

大塚くん再び…

大塚くん再び…

最近チラホラ噂を聞く
知り合いの職人さんのところで
バイトで働いてたが
ついに社員に昇格させてもらったらしい

まったく、甘い社長である…
が、堅実な彼にしてみれば
取り敢えず一安心なのだろう

とか行ってた矢先に
大塚くんが足を骨折したらしい

複雑骨折で、
復帰するのになかなかの時間がかかる
しかも、仕事中ではなく
プライベートで骨折しのだとか…

社員になった途端
骨折して入院って…
ツイテルのだかツイテナイのだか…

とは言え、そこの社長にしてみればツイテナイ

 彼がウチの社員のまま骨折してたら
うちは倒産してただろうし
会社にとっては負担が大きい

その流れで、
どんな展開になったのかは知らないけど
大塚くんを松陰先生の会社に戻すか?
という話が出たとか出ないとか…
多分、その職人さんが、松陰先生の前で
愚痴ってたのを、
松陰先生が鵜呑みにしただけな気がするが
とになく、事情はどうあれ
冗談だとは思うが戻る話が出てるという…

まぁ念のために
もしこれを見ることがあれば
オイラから一言言うと

オイラは、松陰先生とは切れたので
戻りたいのであれば
オイラを気にせず戻ってもらえれば良いと思う
が、多分今回はそう長くは持たないので
オイラがどうこうと言うより
基本的にはオススメしません

そもそも、戻る価値がある会社なら
オイラだって切ることはなかっただろうし

今回は、松陰先生だけでなく
そこに付随するFCとも、袂を分かってので
もう、もしかしたら契約解除したら
松陰先生とは今生の別れになると思ってます。

まぁ、大塚くんの性格からすると
あの会社に戻るなんて
あり得ないと思うのですけどね
念のため、最後のアドバイスとして
てっちゃんに迷惑をかけるとしても
今はそこで仕事を覚えるのが
1番あなたのためになると思う

まぁそこはそこで居づらくなってきてる
頃合いでしょうけどね…

# by souldoutsouldout | 2019-07-17 14:30 | Trackback | Comments(0)

プランニングセミナー

プランニングセミナー

いろんなセミナーをしてきたが
プランニングのセミナーは
あまりしたことがない

過去に何度かしたことはあるが
プランニングってなると
スケールが大きくて
一言では言い表されない
一年やったって伝わらない気がする

地道に経験を積むしかないと思うし
未だに自分でも日々勉強し続けてる


のですが、この度ウチの逸材が家を建てることになった!
オイラはこの人をかなりの逸材だと
買い被ってる自信がある!

なんというか、ポテンシャルが高いのだけど
経験値が浅いので、表現力にかける
なのに頑固なので、取り敢えずこれで
なんで仕事をしたりしないから
結果訳のわからない図面が仕上がってくる

普段の仕事をさせたら
無茶苦茶仕事が早いので、
間違いなく無能ではない

無能ではないのに
プランニングになると
途端に出来なくなるってのが
見ててすごく面白い

頭の中にイメージがあるけど
表現ができないとか
そのデザインを形にできない

あの頭の中にあるものを
うまく引き出せたら
すごく面白いものができると思うので
それを引き出すために
久しぶりにプランニングセミナーの
資料を作ってみたら
なかなか面白いものができた!

人に教えるってのは
いくつになっても、
自分の成長も促されるのだなと思う。

# by souldoutsouldout | 2019-07-17 14:22 | Trackback | Comments(0)

注文住宅とこだわりラーメン

先ほど行ったラーメン屋のメニューに
書かれてましたが
どこそこ産のニンニクやら、豚肉やら
を使って丹精込めて作りました
みたいなことが書いてあった

が、まぁ国産であればなんでもいいし
そもそも、国産とは書いてても
それを確認のしようもなく
食べてもわからないので
ふーんとしか思えない

って思ってみてた時に
んじゃ、注文住宅ってどうなんだ?
ってふと思うのですよね

わかる人にはわかる
好きな人もいる
ってことは言いたくない

靴職人さんに靴を作ってもらうと
すごくはき心地が良いが
20万相当するのはザラな話である

んじゃ20万の価値があるかと言うと
オイラの経済状況では
そこまでの価値は見出せない

注文住宅と規格住宅なら
注文が良いに決まってるが
とは言え注文住宅ってのは、
規格ほど安くはない。

その差が200万だとした場合
誰もが納得する、200万の価値観を
提案出来ないと
注文住宅が良いとは
言い切れないのではないかと
ラーメン食べながら考えてました…

# by souldoutsouldout | 2019-07-17 14:15 | Trackback | Comments(0)

ラーメン八兵衛

b0035869_14004230.jpg
ラーメン八兵衛
近くにできたラーメン屋さん
この場所で、ラーメン屋さんはできては潰れる
場所が悪いというより
入るラーメン屋さんが今までは悪かった

さほど美味しくないけど
こだわりの強いラーメン屋さんとか…
こだわり素材を使ってるお店が
なぜかこの場所に入ることが多い

そして今回もまた…
今までほどではないが
若干の癖の強さを感じる

ラーメンは、この辺では多い牛骨ラーメン
さっぱりしてて、甘みのあるスープ
美味しい店は美味しいが
さっぱり麺なので、
個性を出しにくいラーメンでもある

最初にお店の名前を出してるので
わかるかもしれませんが
不味い店の名前は載せないことにしてる
つまりこのお店は美味しいお店だと思う

とりあえず、牛骨ラーメンは美味しかった
のだが、サイドメニューが美味しくない

少なくとも唐揚げは好みではないし
激推ししてた、キャイーン天野くん絶賛の
餃子も不味くはないけど、
取り立てて美味しいとも思わない

てか、むしろ謎
何故?これだけ美味しいラーメンが作れるのに
サイドメニューの質がこんなにも低いのか?

ラーメンが美味しいけど
サイドメニューが美味しくないので
お店を出た後の印象が
イマイチ良い印象になりにくい

サイドメニューを
もう少し考えて欲しいなと思う

牛骨ラーメンってさ
さっぱりはしてるんだけど
食べた後はどっしり来るんですよね
なので、普通の醤油ラーメンほどの
あっさり感はない
このお店もそうだけど
隠れこってりの牛骨ラーメンの
サイドメニューって
もっとあっさりした、
ちらし寿司風のご飯とか
生春巻きみたいなのとかの方が良い気がするんですけどね…

# by souldoutsouldout | 2019-07-17 14:00 | Trackback | Comments(0)

悪化が良貨を駆逐する

イタリアで修行して来たシェフの店でも
ファミレスで経験を積んだシェフの店でも
どちらで頼んでも、ペペロンチーノは1000円だったとする

厳しい修行で、美味しいペペロンチーノを作って1000円で売るのと
さほど修行なんてせず、乳化も知らないペペロンチーノを1000円で売る

きっとお客さんはイタリア帰りのペペロンチーノの方が美味しいと思う人が多いが
きっと、ファミレス仕立てのペペロンチーノの方が利益率が高い

中にはどちらが美味いのかわからない客だっている

本場で修行する人なんて滅多にいないが
修行もしないで独立する人は意外と多い

独立する確率も、厳しい修行を経てる人は本当の厳しさを知ってるので
軽率に独立なんてしないけど
修行もせずに勢いで独立する人は軽率に独立してしまう

結果的に、美味しいお店は年々減っていき
フランチャイズ店のようなお店が雨後の筍のように生えては消えていく

その状況を見て、フランチャイズ店の方が多いから
本格的な調理法なんて一般人は求めてないんだよなんていう経営者は
世間のニーズから外れ、銭金勘定しか出来なくなってしまったのだと思う
つーか、結果的には衰退していくので銭勘定すら出来てないことになる

残念な話だ…
今度はいつものように乗り越えられないだろうとか
予言してみる

# by souldoutsouldout | 2019-07-16 13:58 | 真面目な話 | Trackback | Comments(0)

お金の価値

先日広告代理店の人と話をしてた時
お前らの仕事はチラシを作ることではなく
集客する事だという認識で仕事しろよ
と、チョット弛んでたので注意したのだが
結果的にはいつも以上にゆるゆるの仕事になった

見学会当日まであと一ヶ月となり
今回は予算があるので実験的に二回広告を打とう
ということになった

なぜかと言うと、夏休み中の見学会なので
ある程度予定を立てて行動する人が多いだろうから
前もって告知した方が良いと思ったのと
前回のチラシは格好良すぎて
チラシとして見たら格好いいが
内容が分かりにくく不親切なので
分かりやすい集客に特化したチラシを作ろうと言うことで決まり
そのチラシに関連してウェブ広告なども織り交ぜ
万全を期して広告戦略を立てようって打ち合わせをしてから
二週間たっても、返答がなく
どうなってるのか?と聞くと

もう時間がないので、チラシを一回だけにしませんか?
ちょっと来週は出張が多くてスケジュール的に難しいですと
連絡があった…

シネバイイノニ

とりあえず仕切り直そうと、再度呼び出し
んでは、これから打てる手段で最良の方法を考えようと言うと
広告代理店の担当者が、とりあえず、2回打つのを一回にしてもらいたいですと
開口一番返事をしたら

ウチの王子が、そう言うとこだ
今話し合ってるのはチラシを作る話ではなく
集客する手段についての話だ
チラシをやめるってのは、確実に集客を減らす結果にしかならない
だから貴方達は、集客ではなくチラシ作りだと
最初に言われたんだろうって

的を得たツッコミをしてました。

ごもっともだと思う

お金の対価ってのは、仕事の質による
どんだけ大変な思いをしようと
求めてるのが集客である以上
集客できない提案は無価値である

お金の評価は労働力ではなく価値である
時代が進むにつれ、その考え方の重要度を増して来てる気がする

# by souldoutsouldout | 2019-07-16 13:39 | 真面目な話 | Trackback | Comments(0)

正しく立つ

ヨガって実はちょっと興味がある
精神性を鍛えるってのと、ストレッチ的な要素って楽しそうだと思うけど
自分がヨガをしてる姿ってのは想像するにもおぞましいと思ってしまう。

が、先日ちょっとヨガの先生に正しくたつ方法ってのを教えてもらう機会があって
意外とむっちゃ面白かった!!

正しく立つ姿勢を維持するだけで、結構疲れる

骨盤の幅程度の足を軽く開き
内ももにボールを挟んでる間隔で
足の裏で地面を強く押す意識で立つ
足元から頭の先まで、一本の鉄筋でまっすぐに貫かれる感覚で
3分間立ち続ける

これがなんだか、程よく疲れて、しかも瞑想効果もあってなかなか心地よい

なにより、「ただ正しく立つ」って人として基本中の基本だろうから
その一番基本的なところを、鍛えなおしてる精神性がすごくすっきりする
なによりなんだか格好良い気がするんですよね

何やってんの?
正しく立つ練習してるの!!

みたいなやり取り、おもしろそうじゃない?

# by souldoutsouldout | 2019-07-12 17:52 | 日常のネタ | Trackback | Comments(0)

省令準耐火構造

省令準耐火構造ってなんだか難しい名前の仕組みがある

簡単に言うと、木造住宅を燃えにくく作る方法で
普通の木造住宅をこの省令準耐火にすれば、火災保険が安くなったりもする

そして、省令準耐火構造っていうとなんだか難しそうだけど
実際やる内容で言えばそこまで難易度の高いことをするわけでもなく
かかる経費としても10万円もかからず作れる

住宅の意匠的な問題で、あえて省令準耐火をしないという選択肢なら理解はできるが
そうでもないのに省令準耐火にしない住宅会社は不勉強でしかない

ただ名前が難しいから、めんどくさくて手を出さないだけである

松陰先生の会社に加盟する工務店の中にはそのような会社が何社かあるので
省令準耐火を標準から外してしまおうかどうか検討してるらしい
昔と違い、火災保険でのメリットも薄くなってるので
売りやすさで言えば大して効果的ではないし
力の弱い工務店を救済するという、訳の分からない大義名分によって
家の性能を下げるかどうか悩む時点で、まるで理解ができない

省令準耐火がいかに簡単なのかを教えた方がよっぽど早い

そもそも、本質的に言うと
燃えにくい家を作れるということは
万が一火災が起きても、脱出しやすいし、近隣への被害もでにくく
逆に近隣からの延焼にも強くなる

家の安全性の一端を担ってると言える

耐震性能を高めると家は売れるので耐震装置はつけるくせに
省令準耐火は標準から外すという発想は、お世辞にも正しいとは言えない




# by souldoutsouldout | 2019-07-12 16:59 | Trackback | Comments(0)

廃れていく文化と発達する科学

松陰先生と話した翌日
家具職人と話をしました
元々ドイツのキッチンを作ってたという
ゴリゴリの職人さん

ドイツのキッチンの作り方とか
家具の納め方とか
ドイツと日本の水の違いとか
いろんなことを教えてもらいました

水のミーレ、炎のガゲナウ
てな言葉を、たまに聞くことがある
ミーレというのはドイツのメーカーで
元々は洗濯機を作ってたらしい

日本とドイツの水の違いってのは
軟水と硬水ってのもあるが
そもそも日本人のように
ドイツ人は水をドボドボ使ったりしないらしい
なんならビールより
水の方が貴重品とかなんとか…

なので、いかに少ない水で
効果的に洗濯をするか?
ってことを考え抜かれて
ドラム式の洗濯機は作られたのだとか
でも日本のドラム式は昔はそんなこと考えて作られてなかったので
グルングルン回って全然汚れが落ちないけど
ドイツのミーレの洗濯機は
すごくゆっくり回転して止まり、
水を少量出し、洗剤の洗浄能力のポテンシャルを最大限に引き出すように
とても複雑な動きをしてるのだとか…

流石に今の洗濯機は、その辺考慮されてできてるので、日本の洗濯機はミーレな引けを取らなくなってきたと言ってたけど
その話の一つ一つが面白いし
オイラが設計する上で
とても役に立つことが多い

悪貨は良貨を駆逐するという言葉がある
きっと規格住宅は注文住宅を
駆逐する日も来るだろうと思う
だけど、1人でも多く
無知な工務店を道連れにしたいと思う。

# by souldoutsouldout | 2019-07-12 02:34 | Trackback | Comments(0)