ブログトップ

晋作の新作

何のために生きててるのだろう?

なんて事を考える人が居るらしい
暇なのだろうか?

私は何のために生きてるのか?

って事をそんなに真剣に考えた事はない
が、答えはたくさんある

日本の建築を変えるため
自分なりに建築を極めるため
世のため人のため
家族のため社員のため
楽しむため喜ぶため
自分のために…

理由はたくさんある
1つである必要もなければ正解もない
あえて言うなら
何のために生きてるかで悩むより
何かの為に全力を出してるかに
悩んだほうがマシだと思う

悩み多き人はたくさんいる
オイラの偏見かもしれないが
オイラより努力してる人は
その点では悩んでないし
努力や力の足りない人ほど
悩んでるような気がする

悩む前に、今すべき事、今できる事を
頑張れば生きる意味の答えも
見えるのではないだろうか?
って思う。


[PR]
# by souldoutsouldout | 2018-08-17 00:16 | Trackback | Comments(0)

そんな事はない


字を書くのが好きです

なので字を書いてると楽しい
字に関しては、好き嫌いに自分のルールがある
誰が何と言おうと
自分の好きな字がいい字だし
嫌いな字は汚い字である

周りに認めてもらおうなんて思わない
文字に関しては自分がルールなのです

オイラはその状況をセンスがある
って言うのだと思う
その理屈でいうと、文字と現場のディテール
以外にオイラはセンスがないという事になる
いや、カレーについてもセンスはあるか…

そんな事はどうでもいいが
何にせよそのレベルでセンスのある人ってのは
あまりお目にかからない
髭さんのデザインにはセンスがある
彼女にしかわからない哲学がある
それを共感できる人がいれば
楽しく仕事ができるのだと思う

ほとんどの人にはセンスが無いので
例えば髭さんのデザインを見ても
なんとなくカッコいいくらいしか思わない
センスがなくても、好き嫌いは判別できる
とても曖昧な判断基準ではあるが
判断はする

でも、センスのある人が
そのデザインについて否定的なら
その人は簡単に自分の判断を覆すし
その髭さんのデザインが、
なんらかの賞でも取れば
覆した判断をもう一度覆す
世の中そんなものである

ものつくりのセンスは
持って生まれたものだと思う
努力や鍛錬である程度は理解できるが
ビジネスとしては
センスのある人に任せとくに限ると思う

そんなものより経営者であるなら
人を見る目のセンスってのが
大事だなとつくづく思う
周りがなんと言おうと
自分の見る目を信じ切れるほど
経営のセンスがあれば良い会社になるのだろう

人の陰口に対して
自分なりの価値観でそんな事はない!
って言い切れる人が
きっと信じて良い経営者であると思う。

[PR]
# by souldoutsouldout | 2018-08-14 23:07 | Trackback | Comments(0)

商品開発をしまくる

商品開発をしまくる

まぁなんだかんだで
今後どうなるかわからないので
結果いつものように
出来ることを全力でする!

ってことに尽きる

そんな中、今までコツコツしてたけど
家づくりの写真集ってのを作りました
手作りですけどね

いつも、家が完成してから
見学会をさせていただき
いろんなお客さんを招いて、
見てもらうのですが
見にこられた人たちに、
いろんな質問をされたり、
ご意見を頂くのですが

そこのお家は、住む人のライフスタイルに合わせて作ってるので、全ての人に合うわけではないんですよね。

なので、例えば子供部屋が個室なのを
良しとしない人もいれば
それが好きな人もいて
でもその作りにした理由に
案外深い理由があったりする時もあって

そんな物語をお部屋の写真に
手書きで書き込んだ
絵本のような写真集を
ずっと毎回作ってたのですが

それは自分の勉強のために書いてただけだったのですが、
先日あるお客さんが、その資料を見られて
すごく面白くて参考になるので
これを本にしたら確実に売れますよ!
と、絶賛してくれました(^-^)

が、まぁ本にするのは大変なので
とりあえず手作りで、お客さんに見せる用の
資料として作ってみようと思って…

きっとその資料は、対工務店のプランニングの
参考にもなるでしょうし
何かに使える匂いはプンプンします。

いろんなご家庭の、教育方針を
家のプランニングに落とし込んだら
どのような形になるとか
家事や収納などにこだわりの強い人の
収納計画と出来上がった収納の形とか
結構色々あって面白いし
何か参考になる資料があれば
自分の家を考えるときに
自分ならどうするって言う
きっかけにもなるでしょうしね

こんなのを作ってるのがとても楽しい!


[PR]
# by souldoutsouldout | 2018-08-14 00:28 | Trackback | Comments(0)

抗争終結の兆し…

抗争終結の兆し…

まぁ誤解?の範疇でしょうか?
独立で必死になりすぎて
周りの人の気持ちにまで配慮が届かなくなった
ような感じですかね?

いいように言えばですけど…

ただ、不信感の高まった社員の気持ちは
そんなに簡単に収まらないでしょうし
一波乱は起こるのでしょうね

そもそも無理のある仕事を推し進めてるので
そりゃなんだかんだ歪みは出る

ただ、今の環境は悪くないので
続く方がありがたい
営業をしてお客さんに関わりながら
商品開発をして、全国の工務店の人達と
家づくりをブラッシュアップ出来るってのは
なかなかに、ありがたい環境ではある

しかも、鳥取のスタッフは優秀なので
将来性はあると思うのですが…

今の経験のない時期に、
空中分解してしまうのが
とてももったいない…



[PR]
# by souldoutsouldout | 2018-08-14 00:20 | Trackback | Comments(0)

日々闘争

そんなわけでまたバトルが起こりそう

天狗退治をしなきゃいけない
お盆明け早々に
バトルがある気がする

王子と話をしたら
そこまでの揉め事にはならなそうな
雰囲気だったけど
追い込まれた天狗はなにするかわからないから
油断禁物である

今年の上半期は
ほぼ金策をしてました
それも落ち着きひと段落仕掛けたここで
また新しい問題が発生!
安らぎなどないのだろう

今回は鳥取からの撤退も視野に入れて
話を進めてました
家を建てたばかりなので
なかなかの痛手であるが
新しいクライアントを探さなきゃいけないと
思ってましたが
そもそも今年の10月に
天狗退治するつもりだったので
それなりに準備は進めてました

新しいクライアントを探すには
それなりの資料と、
それなりの実績ってのが居る

なのでここ数か月、
それなりの資料を結構たくさん作りましたし
それなりの実績を積める環境も作ってました
が、思いの外天狗との対決日が早まったので
今はちょっとしんどい
せめて年末にして欲しかった

それはともかく、
仕事に緊張感ってとっても大事だと思う
味噌汁に入れる味噌くらい大事

ここしばらく本当に
緊張感のある日々だったので
仕事の質が本当に上がったと思う

まぁしばらくは安定的に働いて
Xデーに向けて
新しい武器をあと2、3個開発しときたい

[PR]
# by souldoutsouldout | 2018-08-12 18:21 | Trackback | Comments(0)

ボクシング会長や悪質タックル指導者
みたいな人はどこにでも居る
ウチのクライアントにも居る
あんなのが生息できるのは
本人も悪いけど、周りも悪いのだと思う
間違ってることをしてるのに
間違ってるよと言えない人達が
周りを囲んで居れば
オイラほど謙虚でないと
そりゃ天狗様になっても仕方がない
多くの天狗様は、人の心の弱さが
作り上げてるのだろうと思う

ウチのクライアントにも
天狗候補がいる
同じ事務所に3匹のうだつの上がらない天狗が
いがみ合いながら生息してる
天狗同士で牽制しあい
今までなんとかやってきたが
景気が悪くなり天狗の下で
いいなりで働いてた人達が
意を決して、天狗と決別し
安住の地を求めて旅に出てしまった

残ったのは天狗だけ
そのうち食べるものがなくなり
生き絶えるのだろうと思う

天狗は天狗だけでは生きてけない
従順な僕がいるのである

ここの天狗と決別した人たちは
きっと違うところでもまた
丁寧に天狗を育むことだろう

クライアントの天狗の一匹が
オイラの管理してる子会社に
鞍替えしようとしてたので
徹底的に捻り潰しました
見た目はいかついけど
案外打たれ弱いのが天狗の特徴であると思う

天狗は戦う若手が苦手である
近頃の若手は賢くて優しい人が多いので
天狗が生息しやすくなってる気もする

今の現状を楽して逃げてばかりいると
天狗が生まれていずれ会社を蝕みます

良い人や、優しい人ってのは
なんも文句を言わずに
言うことを聞いてくれる人ではない
それは、ただ自分が可愛いだけの人です
本当に優しい人は
自分の正義を貫き、
ダメなものはダメだと言って
きちんと戦える人であると思う。

[PR]
# by souldoutsouldout | 2018-08-12 17:59 | Trackback | Comments(0)

一人親方の限界

先日給湯器を取り替えに行きました

いつもお世話になってるお客さんから
連絡があり壊れたので取り替えて欲しいとの事だった

早速行って、職人さんや給湯器を手配して
その日は珍しく一日中現場についてました

今回は水道屋さんをいつもの業者と変えてみた
人当たりは良さそうだけど
仕事ができるのかどうかわからなかったので
とりあえずどんな仕事するのか
見ておきたかったのですが
んもうとっても丁寧に良い仕事をしてました。

その水道屋さんと一緒に
既存の配管を撤去して新設したのですけど
撤去する時にふと思ったのですよね
既存の配管の荒さったらないと…
田舎の業者ならこんないい加減な工事するんだなぁと
思ってたら、その水道屋さんも
取り付けた業者はなかなか酷い仕事しますね
と言ってました

その後、電気屋さんが来て
配線を切り離してもらってる時に
なんだか、変に慣れてるのですよね

確かに以前ここの現場の工事はしたけど
その時は給湯器は触ってないはずなのですが
やけに、そこの給湯器に詳しいので
もしかして、電気屋さんがこれ付けたのですか?
と聞くと、前の工事の時に
一度外して、再度取り付けたことがある
と言ってました
つまり、この酷い配管は
うちの親会社の仕業だということが分かった!

今回、水道業者を取り替えた前の業者と
この電気屋がこの工事をしたらしい
その水道屋は、元々この鳥取のクライアントの仕事をしてたのだけど余りに態度が悪いので
新しい水道屋を探してもらったのが
今回の水道屋さんで
心から取り替えてよかったと思った

てか、自分を含めて思うのですが
1人で出来ることには限界がある
一人親方であろうとなかろうと
経理はしなきゃいけないし、資金繰りもあれば
アフターメンテナンスや書類の管理
新商品の開発、営業活動など
程度の差こそあれ、一応全部しなきゃいけない
それをしてくれる事務方の社員が居ない会社ってのは
やはり、行き届かないことが多い

それに社員を雇ってると
それなりに責任が発生するので
一人親方の程度の悪い人は
途中で現場を放棄したり
元請けが困るような仕事の辞め方を平気でする
適当に手を抜いた仕事をして
安いんだからこれで十分
文句があるなら金もいらんし
もう偉そうに言うてくんな
くらいの勢いで逆ギレする人も少なからずいる

まともな会社なら
そんなことは通用しないと思う

まぁでも、先般のボクシングの会長みたいな
何が悪いのか分かってない
時代遅れのおじいちゃん経営者は
山程いるので
大きな会社なら安心ってこともない

うちのクライアントにもそんなのがいる
コンサルとして引導を渡すのが使命だと思ってますが
まぁきっと、
相討ちか後ろから味方に刺されて終わりか
どちらかになるのだろうなと思う

まともな経営判断できない経営者に
意見も言えないのであれば
経営者の器ではないのだと思う
早々に辞めた方が世のため人のため
自分の為である

ん?話が脱線したな…
まぁいいか…

[PR]
# by souldoutsouldout | 2018-08-11 11:38 | Trackback | Comments(0)

ツンデレ最強説

ツンデレ最強説

新聞に載ってたお悩み相談
普段夫についつい、無愛想になってしまうのを
なんとかしたいという相談
回答者は衣良さん

夫に対する愛想のなさを改善したいという悩み
そのものに夫への愛を感じるから大丈夫
そのまま無愛想でいてください
それでも十分、あなたの愛情は伝わってるはずです
との事だった

確かに、そこを改善したいと思う時点で
夫を大切に思ってる証拠でしょうし
そういう風に無愛想な態度で接してるにもかかわらず
夫も愛してくれてるから
自身も改善したいと思うのだろうから
とても幸せな夫婦だと思う

敢えて、何かをアドバイスするなら
ツンデレ効果を使いましょう
それだけ無愛想なのにも関わらず
夫はあなたを大切にしてるのであれば
あなたがたまに、夫への気持ちを伝えるだけで
夫に致命的な打撃を与えられるでしょう

普段愛想が悪いあなたから
いつもありがとうと、伝えられただけで
あなたの夫は全てが報われる気分になる

男というものは、それくらい
単純で繊細にできてるのです

ってなことが書いてあった

名文だなと思った

常日頃から周りへの感謝を表しなさいと
よく言われるが、イマイチピンとこないのですよね
そりゃそうだとは思うけど
当たり前過ぎてやる気が起きない

でも相談者の心情や性格を見抜いて
ただ、相手への感謝の気持ちを伝えなさいと
アドバイスするのでは無く
ツンデレ効果を利用して、
感謝の気持ちを伝えましょう
って言われると、やってみたくなるし
ただ、やらされてるのでは無く
自分も相手もお互いが大切に思ってることを
把握させた上で
こんなアドバイスをするのって
すごくレベルの高いアドバイスだと思った

家族だけで無く
社員にも言えることでしょうね
普段、無愛想で強面の社長が
たまに社員の努力や苦労を労う言葉をかけるだけで
とても効果があると思う

逆にいうと、常に社員の顔色を伺ってる社長に
何を言われても、社員には響かないのかもしれない
社長はやはり社員の範になるように
真面目にひたむきに、
頑張り続けるしかないって事だな

[PR]
# by souldoutsouldout | 2018-08-11 11:23 | Trackback | Comments(0)

打開出来るのだろうか?

器ではないのかもしれない

この夏休みを前にして
社長から重大な発表があったらしい
オイラは呼ばれてないので聞いてない

とても重大でとても残念な話

そんな話をしたら、どうなるかくらい
分からないのだろうか?

いつもと違い、今回は改善の余地を感じません

一難去ってまた一難
次の手を考えとかなきゃだな

人間って面白い
こんな簡単なことも分からないのだろうか?
賢いと思ってたんだけどなぁ〜

[PR]
# by souldoutsouldout | 2018-08-10 21:20 | Trackback | Comments(0)

ガラケー派の人がいまだにいる

昔はね、頑ななガラケー派の人を見ると
改宗させるくらいの勢いでいかにスマホが
素晴らしいかを滔々と説いてたが
最近はまぁ、めんどくさいので
気にもならなくなった

ってのがなんか面白いなと思った
なにが変わったか?
というと、多分スマホになれたのだと思う
むしろ昔は慣れてなかったから
力説してたのでは無いかと?
自信がないから、仲間にしたいというような
感覚に近い
自信がないわけではないんですけどね
今にして思えば人がなに使おうと
一切関係ないのに
なぜムキになってたのだろうかと…

近頃はむしろ職人さんより営業マンの方が
ガラケーが残存してる気がします
職人はなんだかんだで仕事で強要されるので
強制的にスマホに移行しがちだけど
メカに弱い年配の営業マンは
いまだに結構いる…

まぁどうでもいいのです
ガラケーのが楽ならそれでいいじゃん
って思うだけで
その人が時代に乗り遅れようが
知ったことではないのですが
先日の飲み会で面白いことを発見した

何かと言うと、
スマホをガラケーのように使ってる人が
かなり多いような気がするのです

ガラケーガラケーとは言うものの
ガラケーだって写真は取れるし
ネットだって見れる
性能は落ちるけど出来ないわけではない
つまり、スマホにはしたが
基本通話でしか使ってなく
せいぜい地図を調べたり
ゲームをしたり
ネットニュースを見るだけって人が
かなり居る

そんな人たちが、ガラケーもスマホも
大差ない的なことを仰る

が、んなわけないと心の中で思うけど
関わりたくなかったので声には発しない

でも、スマホのスマホらしさとは
どこだろう?
一言で言えと言われると
ちょっと悩む

まずアプリが豊富にある事であると思う

ここでも使わない人たちとの
意見の食い違いが出る

オイラがアプリ探すときは
まずしたい事があり
そのしたいことを実現できそうなアプリを探す
例えば
写真やデータを管理するアプリで
検索機能やデータの管理がわかりやすいもの
ってな感じで探して
近しいアプリを片っ端からダウンロードして
使ってみて1つに絞っていくような使い方を
するけど

不慣れな人は、まずアプリがあり
そのアプリの使い方を検討するという感じ
なので、ほぼ最初からついてるアプリや
みんなが使ってるようなアプリしか
使わなかったりしてる

要はアプリによって
スマホ自体は性質が変わる

オイラが使うのは
スケジュール管理
書類の管理
音楽を聞いたり調べたり
ニュースや動画
セミナーの録音や文字起こし
携帯をかざして翻訳するもの
地図、位置情報の送信
プレゼン資料の作成
写真の撮影と加工
ローンの計算や電卓
ホテルやレストランの予約
ラインやSNS
アマゾンやメルカリ

まぁ結構使う
動画も最近Abema TVなども見るし
YouTubeも見る

スマホならではとなると
Keynoteに作った資料にそのまま
手書きで文字が書けたりするってのが
スマホっぽいかと思う
写真に字を書いたり
携帯かざして翻訳も未来感がある
しかも最近早くて精度も高くなってる気がする
まぁオイラの場合携帯2台とiPadを使うので
その画面をもう一台のスマホで翻訳したりしながら海外のサイトを見たりする。

んなわけで、慣れると説明する内容が壮大になるので関わらなくなるけど
スマホスマホうるさい人ほど
案外使ってないような気がしたりしなかったり

[PR]
# by souldoutsouldout | 2018-08-10 00:15 | Trackback | Comments(0)