ブログトップ

晋作の新作

葉桜

桜の花びらも、だいぶ散り
風に煽られて、花びらが舞う様子が綺麗だなと思いながら
どこか切ない雰囲気も漂わせて・・・

通勤途中にある桜並木がほとんど葉桜になってました

桜の花も綺麗だけど、葉桜の方がなんとなく癒されませんか?

花びらはすぐに散る事が心のどこかでイメージされてて
また、つい先日までは枯れ木のような桜の木が一気に花びらで華やかに彩られる
その様も、桜の儚さを際立たせてるのでしょうね

それが丁度出会いや別れの季節にかさなり
更に見る人を感傷的な気分にさせてるのでしょう

そんな中、桜が散って
若々しく、生命力に満ち溢れた葉桜が
春の日差しを一身に浴びて力強く生い茂っていく姿を見ると
むしろ桜より春らしく見てて楽しい気分になっちゃいませんか?


そんなことを思いながら葉桜を眺めてると
葉桜と言う言葉っていい言葉だなと思えてきました。

だって、他の花の咲く木では葉椿とか、葉梅、葉桃って言葉は無いのに
桜だけ葉桜ってあるのって語源はわかりませんけど
普通なら桜の葉とか、椿の葉で葉を示すだけなら事は済むのに、
あえて葉桜という言葉を使わずにはいれなかったのかと思うと
昔の人は粋ですよね
[PR]
トラックバックURL : https://souldout.exblog.jp/tb/10714672
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by souldoutsouldout | 2009-04-13 19:12 | 日常のネタ | Trackback | Comments(0)