ブログトップ

晋作の新作

木肌を楽しむ

b0035869_1981611.jpg


コレじゃ全然解らないですね・・・

今度の料亭のアプローチに使う木です
枯れてるときでも木肌の美しいアオダモを使いましょって事で
植栽の畑まで見に行きました

見に行って、気がつきましたが
すっごくおもしろいです
幹の太さや、木肌のコントラスト、枝ぶりや長さなどなど
当たり前ですが一本一本表情が違うんです

木肌は白っぽい所と黒っぽいところが有って、
その色合いの違いがはっきり出てるものはスタイリッシュな感じなんですが
白っぽいところが多いもので、幹が細いのもなんだか上品で感じがよいのです
株立ちの雰囲気もいろいろで
あんな畑で好きなアオダモを選ぶ作業って楽しいですね

新築でもこの作業はおもしろいと思う

そこの畑にはアオダモだけでも10種類くらいありましたけど
一緒に見に行った4人が4人とも好きなアオダモが違うんです
それだけ、こんなところにも個性が出るんですね
[PR]
トラックバックURL : https://souldout.exblog.jp/tb/12429447
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by souldoutsouldout | 2009-12-02 19:08 | 建築ネタ | Trackback | Comments(0)