ブログトップ

晋作の新作

薄いガラスコップ

えっと・・・
更新しすぎですか?
年末年始といろいろあったので
忘れないうちに・・・

年末に、ある料亭?に招待されてお食事に行きました

一人5万円相当のディナーだそうで
当然、招待なので自分では払いませんし
払うのであれば行きません
行きませんというか、いけません

そこで使ってる牛肉はメスの牛を使ってるのだそうですが
一般的に雌の牛の食肉ってあまり流通してないんだそうですね
ほとんどは去勢されたオス牛が食肉になるのだとか

あえて雌の牛を使うと言う事は
それだけ美味しいからってことなんでしょう
実際、美味しかったです
ちょっと病み上がりだったので、イマイチ記憶が鮮明でないのですが
美味しかった気がします

んで、そこで実は感動したのはその牛肉よりも水なんです
まぁミネラルウォーターを使ってるとの事なんですけど
すごく美味しく感じたんです

完全に雰囲気に酔ってたんでしょうけど
すごく素敵なお店なので
あの空間なら、マックでも美味しく感じる気もします

ただ、その水が美味しく感じたのは
コップの所為なのかなと少し思いました

すんごく薄いコップなんですよ
コップが薄いと美味しくなるって事はないでしょうけど
美味しく感じると言う事は、あると思います
なんで薄いと美味しく感じるのかはわかりませんが
とにかく美味しく感じたのです

ガラスから伝わる水の冷たさなのか
繊細なガラスの演出によるものなのか
なんだか解りませんけど
料理というか食事には、その空間や食器の演出効果って
すごく大事なんだなって思いました。
[PR]
トラックバックURL : https://souldout.exblog.jp/tb/12617883
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 営業Hです at 2010-01-13 08:56 x
器の厚さ、実は関係があるんですよ。

お気付きかと思いますが、紅茶・コーヒーはトラディショナルな店で飲むと、
大抵、薄くなってると思います。

アレは抽出お茶類は、大体96~97°程度が一番美味しいといわれていますが、
飲み口の部分が薄いと、口に流し入れる量を調節しやすいため、だったはずです。
そしてさらに、器にも「味」があるので、器が厚いと、特に水みたいな無味の物に、
影響を与えやすいためだと思います。

また、温度と味覚の関係も面白く、
アイスコーヒーに入れるガムシロップ。約15ccあるのですが、
あの量をホットコーヒーに入れると「多すぎる」はず。

冷たい物は、味を感じにくいそうなんです。

一応、正しい・・・はず・・・ですよ?(笑 検証して下さいまし。
意外な引き出しの多い、営業Hでした。
Commented by souldoutsouldout at 2010-01-13 19:14
へぇ~おもしろいですね

つーか、器の味のあたりをもっと具体的に知りたいですね

実際そのコップで飲んだ水は美味しく感じたんです。
水自体にも気を使ってるのかもしれないですけど
あのコップの薄さが水の美味さを引き立ててるのは
器が主張を抑えたからって事なんですね

確かにそうなんだろうな
繊細なモノを深く感じようと思えば
器も繊細にすべきってのはなんだか説得力がありますね
Commented by Tukasa-gumi at 2010-01-16 00:21
Hさんが水について書かれているので
私は牛について・・・

通常、
最高の和牛は2〜3歳にかけての
処女牛だと言われているそうです。

仔牛の段階での取引で、格段に安いのは雄牛だそうで、
乳牛だとたったの5000〜8000円程度で
取引されてしまうらしいです。

酪農家は泣いているそうです・・・ョ。
Commented by souldoutsouldout at 2010-01-16 16:36
あぁそう言ってました

若い処女牛は高いって
確かに高そう・・・かな?

牛のオスとメスの生まれる確率が同じなら
コスト的には同じ気もしますけど・・・

単純に雌の牛は、子供を産むので
将来の生産コストまでを含んだら高くなるだろうけど・・・

てか牛って5000円で買えるのですか?
安すぎますよね
そりゃ泣くわ・・・
by souldoutsouldout | 2010-01-05 17:09 | 日常のネタ | Trackback | Comments(4)