ブログトップ

晋作の新作

手抜き主婦のイメージ

食器洗浄機についてのアンケートを見ていると
意外と買ったけど使ってないと言う人が多いのに驚く

みんなが皆、食器洗浄機を熱望してるのだと思ってたがそうでもないらしい

時間がかかるとか、手で洗ったほうが早いとか電気代がもったいないとか
そんな理由で買ったけど使ってないという人がいます。

当然反対に今では手放せないと言う人も多い

これって完全に性格の差なんだと思いますが
その性格の根源には子供の頃の教育やしつけが根深くあるのだと思う

日本人のメンタリティの中に、手抜き主婦の不道徳という発想があるのだと思う
家事や料理にはひと手間かけて、心を込めて
というしつけが、心の底に植えつけられているのではないだろうか?

なので、使った食器は一刻も早く綺麗にしないと心が落ち着かないのではないだろうか?
そんな訳で主婦が楽になる商品ってのは外国製の方が発達している
食器洗浄機もミーレやアスコが良いとされているし、実際良いらしい

私は自分で仕事をしながら家事をするので、主婦が大変だとは実はそんなに思ってない
ですが、育児は本当に大変だと思う
アレはとてもじゃないが真似できない
しかし、外国ではベビーシッターが発達しているという

日本人のメンタリティが主婦を楽にさせない様に出来てるのではないかと
本気で疑ってしまう
主婦が楽をする事が、それ程不道徳なのだろうか?
大事なのは、そこで出来た時間をどれだけ有効に使うかだと思う

家つくりのコンセプトの中に
お母さんが家庭の太陽であり続ける暮らしを提案すると言うものが
オイラの中にはある

母親のいない家庭には申し訳ないが
お母さんが、いつも楽しそうに暮らしてる家庭ほど
幸せな家庭なイメージがオイラにはある

なので奥様が楽できるプランニングと、出来た時間をつかってより快適に暮らせる
暮らしの提案をする事が本当のプランニングなんだと最近思ったりします
[PR]
トラックバックURL : https://souldout.exblog.jp/tb/12912005
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 日向日和 at 2010-02-28 09:08 x
コメントを書いたら字数オーバーらしいので
分けて載せてみたいと思います。勝手します。m(_ _)m

「奥様が楽できるプランニングと、出来た時間をつかってより快適に暮らせる
暮らしの提案をする事が本当のプランニングなんだと最近思ったりします 」
この言葉にちょっと反発を感じながらのコメントになります。(^^;

時間をどのように有効に使うか・・
それは個人の価値観や資質によって違うものだから
快適に暮らせる暮らしの提案をするなんて
まず無理なんではないでしょうか?

私は食器洗浄器は使っていません。
それを設置する場所もありませんけど。(^^;
食器を洗う楽しさを感じていますから。(^^)
ね。ほらここに価値観の違いがあるでしょ。笑
洗濯機も二層式を使っていますし。
ある程度自分の目で確かめながら洗濯を楽しんでいます。
Commented by 日向日和 at 2010-02-28 09:08 x
私は朝九時から午後五時まで事務仕事をしています。
家事仕事にかける時間は専業主婦に比べると少なくなります。
毎日家中を掃除してから出かけるような事はしません。(^^;
「手抜き」をしていると言われればそれまでです。
でも案外綺麗好きだとは思っているので
汚いと感じたら直ぐに掃除しますよ。
整理整頓も結構上手な方だと自負してます。(^^ゞ


「プランニング」の意味もよく理解しないでのコメントになっていますが
家の設計においては、そこに暮らす人の価値観で変わってくると思います。
決して「主婦が楽できる」ではなく、
家事に関しては「動きやすい」を追求して欲しいかなと。(^^ゞ

書きたい事はいっぱいあるので
またコメントさせて下さい。m(_ _)m
Commented by souldoutsouldout at 2010-02-28 12:14
コメントありがとうございます。

こんな話大好きなのですが
例えば日向日和さんのように
食器を洗うことを楽しむ人がいるって聞くと
食器を洗うのって楽しいんだっていう気付きが生まれる人もいますよね

暮らしの提案ってのはそういうことで
こうしなさいって事じゃなくて、
こういう人もいますよとか、こんな暮らし方もありますよってことで
何か共感できるものが生まれて更に楽しくなればいいと思ってます

Commented by souldoutsouldout at 2010-02-28 12:23
実際はプランニングの意味は会社によって違うようです

人の暮らし方や価値観って日向日和さんの仰るように
びっくりするほどみんな違います
バスタオルの使い方一つとってもまるで違うんです

ハウスメーカーでは個性的な注文住宅とか、いろいろ言いますが
実際その違いを理解してプランニングに反映できてる人って
残念ながら、すごく少ないとおもうんです

なので、規格住宅というものが出来るのだと思うのです

お客さんともっと仲良くなって色んな話が聞ければ
食器を洗うことを楽しむひとが
もっと食器を洗うことが楽しめる事のできるキッチンとか
二層式の洗濯を楽しむ家事室とか作れるとおもうんですよね

そしてそのプランがその暮らしに共感できる人には
新しい発見になるプランにつながると思います

家に暮らしをあわせるのではなくて
暮らしに家をあわせるようなプランがプランニングなんでしょうね

なので暮らしをもっと深く理解して
提案できればいいと思うんですが・・・

てか、記事の内容からずれてたらすみません
Commented by 日向日和 at 2010-02-28 13:06 x
お忙しいのに・・色々お返事ありがとうございます。(^^)
こんなに風に話をしていくと面白いですね。
文字にするのはちょっと面倒なのですが
(話す方がより理解を深め易そうですが。。)
今はこの手段しかありませんものね。笑

色んな話題を載せて下さいね。
私にとっても素敵な「気付き」の場となりそうですから。
宜しくです。(*^^*)
Commented by souldoutsouldout at 2010-02-28 22:22
ありがとうございます
私もいろいろ勉強になります
また良ければコメントしてください(≧▽≦)

中には可笑しな話題もあるかと思いますが
そんな時は聞き逃してください| |д・) ソォーッ…
by souldoutsouldout | 2010-02-27 23:06 | 日常のネタ | Trackback | Comments(6)