ブログトップ

晋作の新作

コネが勝敗を分けることは何度もあるだろう

コネが勝敗を分けることは何度もあるだろう・・・

ある歌の歌詞?
歌ではないか・・・

コネって大事ですよね

人は一人で生きていけないしね
コネを利用するとか、助けられるとか、そんなこと関係なく
人とのつながりは大切だと思う


家を建てる会社を選ぶとき、
お客様はいろんな判断基準で選んでます

でも、一番信用してるのは
口コミだと思う
大手ハウスメーカーのブランドとは
結果的に口コミの集大成なんだろうとおもう

みんなが選んでるから安心だ

というのが、結果的には判断基準なのでしょうね

近頃はニーズの多様化によって若干変わりつつあるが
それでも、ブランドって高く評価される


出来る事なら、ブランドなんて作りたくないと思うことがある
まっさらな状態で、作ったものに感動して
口コミもブランドも無い、オイラの作った家を選んでくれるとすごく嬉しい
どれだけ頑張って家を作ってるかとか
どれだけ考え抜かれてできた家なのかってのは
しつこいくらいに伝えるとして

その状態で選ばれるような、圧倒的な家を作り続ける事ができればいいなと思う

ブランドってのはそういう積み重ねの中から昔は出来てたんだと思うけど
今は違いますよね
完全にブランドって作られてるとおもうんです
売るためのブランドをつくる

大事な事なのかもしれないけど
大事な事を忘れてる気もする

家を作るのにダイワマンなんてまるで関係ないけど
あれらのCMのおかげで、ハウスメーカーには問い合わせがくるのも事実である
[PR]
トラックバックURL : https://souldout.exblog.jp/tb/13879432
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by room0126 at 2010-08-31 22:39
あ・・・!
聴いてるんですか?


ダウンタウンが、全然誰にも知られてない頃に舞台に出て行くと、お客さんが冷めた目で見てて、そこで初っ端に「知らんでしょ?」とかましたらドカンとウケた。
そういうのが好きで、やりたいけど、
今じゃもうそれは絶対できひんねんな~。

って松っちゃんが言ってたのを思い出しました。


ちなみに僕は今物凄く自分のブランドをつくりたくて、
ちょこちょこやってます。
“作品”と“商品”の違いでしょうか・・・?
Commented by souldoutsouldout at 2010-09-01 17:15
アレだけで、解るのがすごいですね
なんとなく孤憤好きなんです
オイラもうんざりするほど、目の前を飛び回ってやりたい

作品と商品の違いってある意味
クライアントの有無の差って気もします

クライアントが居なくて、自己表現をしたものが作品で
クライアントを意識して、そのニーズに答えるのが商品って感じでしょうか

オイラはどっちも大事だと思うんですけどね
クライアントに鍛えられる事も自己研鑽になるし
自分で新しい価値観を生み出す努力もし続けるべきだと思う
by souldoutsouldout | 2010-08-30 12:10 | 日常のネタ | Trackback | Comments(2)