ブログトップ

晋作の新作

目に見える世界

近頃、エクステリア工事のことばかり考えてました。

エクステリアの素材をウリンで行くとして、
デザイン的にはどうすれば綺麗かとか、
メンテナンスはどうすればしやすいかとか
構造的にはどうするのが一番理にかなってるかとか

なんとなく、ずっと考えてました。



そんなこと考えながら、昨日まで、三重に出張してたのですが
行く途中いつも立ち寄るサービスエリアがあるのですが
そこでこんなものを見かけました。


b0035869_11475673.jpg


ウリンっぽいベンチ


このように、加工した方が施工しやすくって、目隠しにもなって良いのではないかと
しばらく、眺めつつ、どんな感じの構造になってるのだろうと
裏を覗いてみると

b0035869_11483080.jpg


こんな感じ・・・

そういえば、横の梁も鉄にした方が施工もしやすいし
構造的にも強いし、耐久性もよく、価格も安いのでは?と思ったり
ボルトで止めずに、溶接してしまえば
そもそも、骨組みは見えないんだし
強くて安いならこのほうが良いかもと思ったりしました・・・


まぁ、それはともかく、このサービスエリアって
月に3回以上は確実に来てるのに
こんなベンチがあるって今まで、気にも留めてませんでした。

ウリンが気になってから、いつものこの場所に来ると
今まで、見えてなかったものが
急に目の中に飛び込んでくるんです

意識せずに見落としてるものってすごく色々有ると思う
もっと、いろんな知識をつければ
きっと、今と同じ風景でも、見える世界は違う世界なんだろうなって思う

人が生きれる限られた時間の中で
楽しく過ごそうと思ったら、やっぱりいろんな事を勉強したり経験した方が良いのだと思います
[PR]
トラックバックURL : https://souldout.exblog.jp/tb/15695628
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by souldoutsouldout | 2011-06-05 12:26 | 日常のネタ | Trackback | Comments(0)