ブログトップ

晋作の新作

有名無名

有名無名で言うと
オイラは完全に無名である


自然の摂理なのだろうか?
人は有名人を見ると知り合いになりたがる習性のある人が沢山いる気がする

先日東京で計4つのセミナーを受講した
その都度、その話をした講師の先生と名刺交換する人が列をなすのだが
オイラはそんな名刺もらってどうするのだろう?といつも不思議に思う
この名刺交換で、すんごく仲の良い友達になれるなら良いかもしれないけど
名刺交換する程度の知り合いなんてものは
ほとんど翌日には顔も覚えてないと思う。

名刺の無駄である。
オイラは基本的に名刺交換をしたくない派なのです。

仕事での取引先などには、当然名刺をお渡ししますが
アイサツ代わりに名刺を渡すという気になれない
仕事以外の人では、この人ならって人でない限り名刺は渡さない
すいません、今日名刺持ってないんですって言う

オイラの周りで言うと、松陰さんは有名人である
オイラはいつも有名人と一緒にいたので、
その有名人が、何を考えてて、一般人がその有名人に何を求めてるかを
嫌というほど見せられてきたので
上辺だけのお付き合いなんて一切お断りしたい。
一秒でもそんな人の為に時間を使いたくないと思う。

有名人と一緒にいると、人の卑屈さが良くわかる
オイラと松陰先生は、松陰先生が無名の頃から一緒に仕事したり遊んだりしてたので
無名の頃と比べると、有名になってからの世間の扱いは掌をひっくり返すどころの話ではない
もう4回転半くらい手のひらを返す。

先日の武士会で、お前らが面白いのは核があるからだと慎太郎が言ってた

核がある奴は手のひらなんか返さない
だから、面白いのだと思う
自分をしっかり持ってるから、相手が有名だろうと無名だろうと
学ぶべきものがあれば、教えを請うだろうし
間違った事を言えば噛みつくだろうし
世間の掌なんか関係ないもんねって思って生きてる
核があるってそういうもんだと思う

有名人と知り合いであるとか
良い車に乗ってるとか
良い時計をしてるとか
すげぇ家を持ってるとか

そんなもんで人は計れない

だからお前は誰なんだって言われた時に
キチンと答えられる人で居たい

そもそもオイラは松陰先生に劣ってるなんて思った事もない
[PR]
トラックバックURL : https://souldout.exblog.jp/tb/15870897
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by souldoutsouldout | 2011-07-02 14:04 | 日常のネタ | Trackback | Comments(0)