ブログトップ

晋作の新作

ビジネスモデルの寿命

どんなビジネスモデルにも寿命がある。

オイラの感覚でいうと長くて10年くらいのものです

んでそれを定期的に軌道修正してる会社は長く続くけど
みんな軌道修正しないので会社の寿命は10年と言われるのだと思う。


一度でも成功すると、その成功事例にすがってしまうのが人の常ですよね
そもそも、一度も成功しなければそもそも10年も持たないでしょうから
結果、会社の寿命は10年くらいって事になる。

そんな訳で、松陰先生の会社はそろそろ15年でしょうか?
彼の会社のビジネスモデルはすでに破たんしてて迷走してるようにしか見えない
てか、逆に言うと、会社って何らかのビジネスモデルがないと
仕事にならないはずなのに、
そこがなく迷走してるのに、未だに存続してるってのが
ある意味彼の手腕なのか
この15年で育てた人材の貯金なのかよくわからん

そんな訳で、ビジネスモデルは10年持てばいい方ですから
オイラ自身も色々考えなきゃなって思います。








[PR]
トラックバックURL : https://souldout.exblog.jp/tb/24307596
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by souldoutsouldout | 2015-03-31 18:33 | 日常のネタ | Trackback | Comments(0)