ブログトップ

晋作の新作

良い人は良い経営者になりにくい

すんごく人のいい人がいるのです
みんなに好かれてて礼儀正しくて
絵にかいたような好青年

オイラが出会った頃は営業部長だったけど
その後専務になり、社長になった
会社もしっかりした会社で、あんな会社の社長になるのだから
やはり仕事のできる人なんだろうなと
勝手に思い込んでましたが

内情をよくよく聞くと、業績的にはイマイチで
その状況でその売り上げはちょっと
どうなんって思うような経営手腕

そこのコンサルするつもりでしたが
社長が煮え切らないので、こちらからお断りの連絡を入れました
決断力も実行力もない人と仕事しても
上手くいく可能性が低いですからね

んで、改めてよく見ると
確かに人はいいが、何がしたいのかよくわからないし
本人も多分よくわかってない
有名な人が言うことは鵜呑みにするけど
マイナーな人の言うことは信用しない

話の内容で判断ができずに
話す人の会社の大きさで判断してるように見える

そこで仮説を立ててみる
良い人ではあるが、能力は低いのではないか?
そういう風にみると、いろんな部分が納得がいく

営業の初回面談の仕方が的外れなのも
売り上げが全然低いのも
商品力の弱い本部の商品を何でも採用することも
すべてに置いて、自分で判断してない

会社が決めた事、会長が選んだ本部の発信すること
社員みんなが求めたもの
そんなものを採用する

理由は簡単である
失敗したくないのでしょう
お金のかかるチャレンジで失敗しても責任が取れない

いい人に見えるのは、
すべての人に気を使って、愛想を振りまいてるから
自分の意見を発信しないから、意見がぶつかり合うことすらない
仕事しない人はミスをしない

でも、ミスを恐れる経営者は、そもそも経営者の資質がないと思う
トライアンドエラーを繰り返し
物事は形作られていく
失敗を繰り返したからこそ、良い悪いの判断ができる
お金を使わずに、会社の経営なんて出来るわけがない

次世代経営者と言われる若手に
オーラを感じないが
既に、会社を経営してる若手の経営者にはオーラを感じる
圧力というのか、重圧というのか
その人を目の前にすると、何とも言えないオーラがある

でも、それのない社長が結構いる
自分の哲学で生きてない経営者なんて経営者ですらない
そんなの相手にする暇なんてない

[PR]
トラックバックURL : https://souldout.exblog.jp/tb/28911222
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by souldoutsouldout | 2018-11-28 19:36 | Trackback | Comments(0)