人気ブログランキング |

ブログトップ

晋作の新作

2019年 04月 30日 ( 1 )

アホの定義

アホの定義

まぁ、リクエストがあったので…

アホとは何か?
パッと聞いて2通り思い浮かぶ
良い意味で非常識な人と
生産性のない純粋なアホ

今回のリクエストは多分後者の
真性のアホとはってことだと思うので
真性のアホを定義してみる。

思い浮かぶアホと言うと
まず副社長が、かなりのアホである
私利私欲の塊でなにも生み出さない
無能中の無能
人間誰しも少なからず
リスペクトできる部分があるものだが
人として、疑う余地もなく
尊敬できない人がアホなのだろうと思う

ただ、これでは回答になってないのだろう
何をもってアホなのか?
思い浮かぶアホは
私利私欲が強く、利己的なんですよね
人ってのは社会の中で生きるので
利己的なことって
巡り巡ってマイナス要因になることすら
理解してない人

想像力の欠落してる人とも言える

あと、自暴自棄な人も
アホっぽいなと思う
どうせ俺なんてとか
どうせ私なんかとか
まぁ結果的に利己的とも言える

自己顕示欲の強い人とか
承認欲求の強い人ってのは
逆に可愛く感じてしまう
そのために努力をしてる感じがある

って事になると、原理原則から外れてる人って
のがアホなのかな?
モノの道理のわからない人ですかね

アホを知るにはその反対を想像すると良い
のかもしれない。
いわゆる天才とはどんな人?
って言われると
想像を絶するクリエイティブな人
って印象がある
秀才はと言うと
知識量のすごい努力家
って感じがする

ってことはアホってのは何か?
となると、個性のない人なのかもしれない
オリジナリティがない
生きると言う事に向き合ってない人
ただ、考えることを放棄して
流れに流されて生きてる人

まぁたくさんいそうですよね

それをアホと言うには
ちと失礼か?
心情的には
みんな一生懸命生きてるだろうから
人に害を与えてない人は
アホの枠に入れたくない

アホってのは、侮蔑の言葉でしょうから
対象はそれなりに
害のある人って事になるのかも…

そんなわけで、
アホとはどんな人と聞かれたら
利己的で、原理原則を理解せず
想像力のかけた、無個性な人
てな事になるな…

by souldoutsouldout | 2019-04-30 22:44 | Trackback | Comments(0)